寺下史郎の先見の目|礼を重んじることで日本の強さを示した

メンズ

独自の視点で制度を活用

会社

企業にとって重要な制度といえるのが福利厚生です。福利厚生制度とは社員に安心して業務に打ち込んでもらうために企業側が行なう非金銭報酬のことです。何が福利厚生かという明確な決まりは特に定められていませんが、主に社会保険の完備、産後休暇の取得などの仕事をしていくうえで円滑になるようなことをいいます。給与や報酬に上乗せされる金銭面以外の報酬のことを呼び、福利厚生がしっかりしている企業に人材は集まります。社員や従業員は生活をするために仕事をします。プライベートや生活のために仕事をしているのですから、生活面に対する不安を軽減することで、職場に対する満足度が増すでしょう。社員の職場に対する満足度が増すと、業務の向上に繋がります。会社が良いことをしてくれているのだから、自分も恩を返そうという気持ちになってくれるはずです。金銭面以外の報酬ですから、福利厚生の手段は様々です。企業ごとに内容が違うので面白いです。一昔前までの福利厚生の代表例は、寮や社宅を提供するといったものでした。近年は企業ごとに様々なものがあり、独自の展開をしています。大きなイベントを企画する企業などもあります。社員に対する会社の満足度をあげることで社員のモチベーションがあがります。それにより生産性や向上心が増すのです。人材確保のためにも役立ちます。しっかりした報酬があると入社したいと考える人材が増えるでしょう。福利厚生制度を導入していない企業はさっそく取り入れていきましょう。