寺下史郎の先見の目|礼を重んじることで日本の強さを示した

レディー

社員に負担をかけない職場

下を向く男性

社員がストレスを抱えて出社できないということを無くしましょう、ストレスを溜めさせない職場作りが大事です、メンタルヘルス対策を行い、ストレスチェックなどをして、職場環境を見直すことが大事です。

詳細を確認する

昔から訴え続けて今がある

オフィス

寺下史郎という人物をご存知でしょうか。企業にとって株主と投資家の重要性を昔から訴えていた人物です。IRとSRとよばれるものの重要性を昔から訴えつづけていました。IRとはインベスター・リレーションズのことです。SRとはシェアホルダー・リレーションズのことです。どちらも聞き慣れない単語なのでよくわからない方も多いでしょう。インベスター・リレーションズとは投資家の方たちに情報を提供することで、シェアホルダー・リレーションズとは株主の方たちへの交流や手段を取ることです。簡単に説明しますと、企業と株主、投資家の方々と多くの情報を提供し合い、コミュニケーションを取ることで的確な株の流れを示すことをいいます。まだ株の取り引きが今よりも少なかった時代からIRとSRの重要性を訴えていたのですから驚きです。寺下史郎の活動や訴えが認められるようになり、日本でもIRとSRの重要性が再認識されたといわれています。寺下史郎は株式会社アイ・アールジャパンの代表取締役社長に就いています。株式会社アイ・アールジャパンは寺下史郎が入社した時期に会社の存亡を賭けてIRビジネスを行っている真っ最中でした。寺下史郎が主導となることで企業を存続することに成功したのです。それからはIRビジネスの業界トップを走り続けています。現在は新生アイ・アールジャパンとして新たに生まれ変わり、業績を伸ばしています。アイ・アールジャパンの合言葉は礼を重んじるということだそうです。会社が危機を脱して大きく成長したのも、寺下史郎という人物の人柄が関係しているのではないかと思います。

優秀な人材を増やす教育

2人の女性

企業を強くするためにも社員教育が必要です。優秀な人材の確保や、職場のモチベーション作りのために社員教育を行いましょう。優秀な社員がいる企業は業績を伸ばすことができます。

詳細を確認する

独自の視点で制度を活用

会社

企業に対する社員のモチベーションは人それぞれです。福利厚生制度を導入することで多くの社員のモチベーションを向上させることができます。企業独自の制度を導入することで人材確保に繋げることができます。

詳細を確認する